グルテンフリーの効果がジョコビッチ選手の成功の一因??

一流スポーツ選手が取り入れているグルテンフリー

テニス界で世界ランク一位を誇るノバク・ジョコビッチ選手。そのジョコビッチ選手が実践している食事法が話題になっています。グルテンフリーというその食事法の効果と取り組み方についてご紹介します。

スポンサードリンク

グルテンフリーって何?

グルテンフリーとは、グルテンを使わない食事療法のことを言います。グルテンとは、小麦や大麦などの麦に含まれているたんぱく質の一種で、パンやうどんなどに含まれています。このグルテンにアレルギーを持っている人が摂取すると、小腸が過敏に反応して腸疾患を引き起こしたり、息切れやめまいといった様々な体調不良を引き起こすと言われています。ジョコビッチ選手はそのアレルギーを持っていたため、グルテンを含む小麦製品の摂取を断ちました。これがグルテンフリー食事法です。

グルテンフリーの効果について

ジョコビッチ選手がグルテンフリーの食事法を2週間取り入れたところ、体が軽くなりやる気が出てきた、体重が5㎏減少した、脳内の霧が晴れて思考が明瞭になった、長年悩まされていた鼻づまりが消えたといった効果があったそうです。成績も劇的にアップし、現在も好調を続けています。疲れやすい、イライラしやすい等の症状に悩んでいた方がグルテンフリーを試すことで症状が改善され、グルテンアレルギーが原因だったことに気付くこともあります。慢性的な体調不良を感じている人は、一度試してみる価値があるのではないでしょうか。

グルテンフリーの取り組み方

グルテンフリーは麦を使った食材を摂らないことが基本となります。パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアル、ビールの摂取を控えるだけで良いので、米、そば、肉、魚、野菜、海藻、こんにゃく、卵は食べることができます。お茶・コーヒー、ワインも飲んで良いです。日本人本来の和食中心の食事を心掛けるなど、日々の生活を見直していくことで、グルテンフリーに取り組みやすくなります。決して無理はせず、体調の変化や効果を確認しながら取り組んでいくと良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です